ミライースのオイル交換 [カストロールエッジ5w-30]

オイル交換-エッジ5w30

ミライースのエンジンオイルを、ダイハツ純正オイルの0w-20から、カストロールエッジの5w-30に交換しました。

まだ3200キロくらいだったけど、アイドリング時の音がうるさかったんで交換してみました。

購入時にオイルとオイルフィルターを交換してもらっていたけど、乗り出したて200キロくらいからアイドリングのエンジン音がうるさくなってきてて、気になっていたので早めに変えてみました。

車高は下げていないので、ジャッキアップはせずに、30ミリくらいの木をタイヤ下にかまして交換しました。



右のヘッドライト近くの下にオイルフィルターがあり、そのすぐ近くにドレンボルトがあります。

今回はオイルだけ交換しました。

オイル交換だけだと2.7Lでオイルフィルターもだと2.9Lになります。

ジャッキアップをせずに、オイルだけの交換だったので簡単に交換できました。

交換後に乗ってみると、やはり新油の効果なのかスムーズに感じました。

0w-20から5w-30への交換だったけど、特に加速が悪くなったとかは感じませんでした。

| 200キロ走行後

200キロくらい走行後は、馴染んできたのかスムーズだけど購入時と同じで、アイドリングのエンジン音がうるさくなってきました。

この車はどんなオイルを入れても、オイル交換後200キロくらいでエンジン音がうるさくなるのか?

まぁ、カストロールのエッジ自体は前の車でも使用していて、調子は良かったんで問題ないと思います。

しかもアマゾンで4Lで3000円ちょいくらいで売っているんで、コストパフォーマンスに大変優れています。

軽自動車なら1回の交換で3Lくらいなんで、1L余るので自分で交換するなら、かなりお得です。

| 500キロ走行後

さすがに500キロくらいじゃオイルの劣化などは一切感じず、スムーズさを維持しています。

軽自動車はけっこう踏まなきゃ加速しないし、回転域が高いのでどのくらいでヘタって来るかなんだけど、とりあえず様子をみようと思います。

カストロールエッジの5w-30は価格的にはグループ3オンリーのオイルだけど、街乗りにはこれで十二分だと思います。

前の車では、モービル1、タクマインの匠、スノコのエコマックス等の0w20と5w-30を試したけど、カストロールのエッジ以外の必要性を感じなかったので、今回もこのオイルを選びました。

| 3000キロ走行後

3000キロ走りましたが、全然調子がいいです。

オイルの劣化はまだ感じられません。

オイルの汚れを見たけど、ある程度は汚れていて洗浄はきちんとしているけど、まだまだ大丈夫そうでした。

5000キロは問題なくいけそうな感じです。

| 4000キロで交換しました

3500キロくらいから劣化を感じ、4000キロ弱で加速が鈍った感じがしたので、4000キロでオイル交換をしました。

まあ、5000キロくらいは問題ないだろうけど、早めに交換をしておきました。

| まとめ、カストロールエッジ5w-30を入れてみて

「こうするんだよ」と教える

今回、ミライースにカストロールエッジ5w-30を入れてみて、4000キロで交換したけど、5000キロ交換で全く問題なしです。

僕はフィーリングが落ちるのがすごく嫌なんで、3500キロくらいで「スピードの乗りが悪くなったな」と感じたので変えました。

カストロールエッジ5w-30自体、アマゾンで3000円くらいで買えて、性能も街乗りでは十分なので、コスパと性能のバランスが取れた、いいオイルだと思います。


☆ YouTube動画はこちらどうぞ!



☆ タクマインのエステル系オイルを入れてみた記事は、 下記をクリックで見れます!