CATEGORY

投資

  • 2022年3月13日
  • 2022年6月16日

2022年からポートフォリオ変更 [VTに全力投資で資産形成]

2022.1にブログで、投資信託と米国高配当ETFを中心にやっていくと発信しましたが、VT中心に資産形成する事になりました。なぜかというと、前々からVTを中心にポートフォリオを組みたかったんですが、なかなかVTの株価が下がらなかったのと、投資信託の利益が出ていたからです。1月の終わりに全体的に株価が下がり、投資信託がマイナスになってVTも100付近まで下がりました。そこで意を決して VTを一気に120株買ってから、米国高配当株ETFに利益が出ていたので、勇気を出して売りました。そして、そこからさらに合計で95株買い増して、一気に215株の株主になりました。なぜなら、早い内にできるだけ多く保有するのがベストだからです。

  • 2022年1月24日
  • 2022年3月26日

2022年、年収400万 工場勤務の手取り額 [投資に回す割合]

2021年から投資を始めたんですけど、始めは試行錯誤でポートフォリオを組んでやっていました。だんだんと未来のビジョンが見えてきて、2021年の終わりごろにポートフォリオを変更しました。大幅には変えていないですが、余剰資金を全額投資しないで、暴落時に追加投資できるように残しておくようにしました。具体的には、給料ではiDeCoや、つみたてニーサ等の投資信託を毎月定額を積み立てます。ボーナス分は別に60%を毎月定額で投資信託を積み立てていって、残りの40%を暴落時の資金として取っておきます。このように、長期トレードに短期トレードのやり方を取り入れました。

  • 2022年1月9日
  • 2022年2月20日

2021年の米国高配当株の配当金はいくら?

2021.3から投資を始めましたが、米国株の高配当株投資をやっています。なぜ 日本株ではなく米国株かというと、日本株は株価がどうなるか分からないけど、米国株は配当金を得つつ株価の上昇も期待できるからです。過去の実績から見ても、S&P500指数が圧倒的です。それに 米国高配当株は、SPYDやHDVといった 幅広く分散された優秀なETFがあるのが魅力です。日本株はこういうのがないので、自分で作らなければならないので手間がかかりすぎます。でも 米国株だと外国税が10%かかるので、配当金が入って来たとしても日本株よりも10%少ないのが残念です。僕の場合は 為替ヘッジなしの日本の投資信託と、米国高配当株の二刀流で投資しています。

  • 2021年8月29日
  • 2022年2月20日

投資を始めて半年で年収400万会社員はいくら投資できたのか?

2021.3の41歳時点から、投資を始めて半年が過ぎました。僕の場合、年収は400万円を少し超えるくらいで、ごく一般的な会社員です。人生100年時代で、70歳まで働かなければならない時代が来ていて、投資の重要性が増しています。41歳から始めた投資だけど、なるべく60歳くらいにはリタイヤしたいので、貯蓄率を見直してきました。その結果、この半年間で100万以上投資出来ました。結果を見ると上出来なんですが、生活防衛資金を最低限に減らして投資したので、次の半年はこれよりもペースは落ちます。

  • 2021年7月25日
  • 2022年2月20日

コロナ渦の中、ボーナス30万円を米国高配当株に投資

コロナ渦の中、ボーナス30万円を米国高配当株に投資しました。コロナ渦でなんとかボーナスをいただいたので、老後のために投資に回しました。今はちょっと過熱感があるので、キャッシュを厚くしておいた方がいいかもしれませんが、将来的に見たら株価は上がると思っているので投資に使うことにしました。半分はキャッシュで置いといて、半分を投資に使うか 全部使うかを迷ったんですが、結局SPYDとHDVに約15万円ずつの合計30万円分を購入しました。これが吉とでるか凶とでるかは、未来にならないと分からないランダムウォークの世界なんで、配当金をもらいつつ楽しみにしておきたいと思います。

  • 2021年7月9日
  • 2022年2月20日

はじめての米国ETF買い / SPYDとHDVに50万円投資

2021.3から投資を始めて 今まで投資信託一択だったんですが、次のステップの米国ETFに進んでいきます。無理やりステップアップするんではなくて、配当金が欲しいのと 高配当株も組み込んで2刀流でいきたいと思ったからのステップアップです。それに生活防衛資金を200万円作っておいたんですが、現状ローンもなく 大きな買い物をする予定もないので、150万円あったら十分かなと思い 50万円分で米国ETFを買うことにしました。結果としては、SPYDとHDVに50万円投資しました。

  • 2021年6月26日
  • 2022年2月20日

iFree NEXT NASDAQ100インデックスのポテンシャル

僕が投資しているインデックスファンドに、大和アセットマネジメントの iFree NEXT NASDAQ100インデックスというのがあるんですが、管理費用が少し高いですが ポテンシャルの高い優秀なファンドがあります。このファンドは振れ幅が大きい、つまりリスクが通常の優良ファンドよりも高い商品になります。僕はつみ立てニーサをしているんですが、残念ながらつみ立てニーサ枠にはなく 特別口座の毎月積み立てで購入しています。そんな振れ幅が大きいけど、おすすめの iFree NEXT NASDAQ100インデックスのポテンシャルを見ていきます。

  • 2021年5月3日
  • 2022年2月20日

投資信託を2ヶ月運用した結果 / 普通の会社員が41歳からはじめました

41歳からでも遅くないと思い、つみたてニーサと特定口座で投資信託を買いはじめました。僕は楽天証券ではじめたんですが、月に50000円分までポイントが付くので楽天カード支払いにしています。月に50000円分購入で500ポイント付くので、それをポイント投資に使っています。これで年間6000ポイントなので、円換算で6000円分になります。年6000円分はものすごく大きいですね!今のところ、100000円分投資してだいたい4%のプラスになっています。

  • 2021年4月13日
  • 2022年2月20日

積み立てニーサ始めました / 株式100%のポートフォリオ

ごく普通の会社員である僕が、2021年から積み立てニーサを始めました。同じ時期にiDeCoも始めたんですが、iDeCoは審査期間があるので、積み立てニーサで先にファンドを購入しました。僕は楽天証券で始めたんですが、50000円までカード支払いができ、その分の500ポイントが入ってきます。なので、積み立てニーサの他に特定口座での購入もして、毎月50000円ずつ積み立てています。その毎月積み立てている投資信託の銘柄を紹介します。

  • 2021年3月6日
  • 2022年2月20日

iDeCo始めました / 楽天証券での加入方法を解説

僕は現在41歳なんですけど、2021年からiDeCoを始めました。なんでiDeCoを始めたのかというと、将来もらえるであろう年金だけでは不安だからです。最近YouTubeでリベ大のりょう学長や、マネータイムハックのりょうさんの動画を見ていて、お金や、投資に関する勉強をしています。それで自分も、「もっとちゃんとしなくちゃダメだな」と思い始める決意をしました。するとなると、SBI証券か楽天証券がいいと思い、ポイント投資ができる楽天証券でiDeCoを始める事にしました。

error: Content is protected !!