2022年、年収400万 工場勤務の手取り額 [投資に回す割合]

2021年から投資を始めたんですけど、始めは試行錯誤でポートフォリオを組んでやっていました。だんだんと未来のビジョンが見えてきて、2021年の終わりごろにポートフォリオを変更しました。

大幅には変えていないですが、余剰資金を全額投資しないで、暴落時に追加投資できるように残しておくようにしました。具体的には、給料ではiDeCoや、つみたてニーサ等の投資信託を毎月定額を積み立てます。

ボーナス分は別に、60%を毎月定額で投資信託を積み立てていって、残りの40%を暴落時の資金として取っておきます。このように、長期トレードに短期トレードのやり方を取り入れました。

| 年収400万 工場勤務の手取り額

給料明細
ボーナス明細

僕の給料なんですが、総額約28万円の手取り額が21万円になります。残業はなしでの手取り額です。

残業なしなのでこんなもんですが、普通に生活する分には困らないし、地方で残業なしでは悪くないと思います。残業をしまくったら月収30万円はいくのですが、僕は現在42歳で年も年なので、体を壊さない程度に働ければなと思っています。

ここから投資に回すんですけど、友達と遊んだり ストレス発散をしなければ長くは続かないんで、無理しすぎない程度に回しています。倹約も大事ですけど、使う力も大事だと思うんで、そのバランス取りが難しいですね。

僕がFIREしようと思ったのが40歳の時で、目標は60歳までにFIREできればなと思うんですけど、無理なく頑張っていくつもりです。

お金の大学 書籍

やっぱり基本はこの本だと思っています。 リベ大の両学長の言っている、貯める力、増やす力を正しく使えば、このくらいの手取り額でも十分可能だと思います。あとは、稼ぐ力、守る力、使う力をトータル的にレベルアップしていきたいですね。

| 投資に回す割合

・給料

給料から投資に回している割合なんですが、合計34.8%になっています。つみたてニーサを含む投資信託が月5万円と、iDeCoが月2.3万円の合計7万3千円を投資に回しています。

電気代とガス代は、年平均額で算出しています。僕は独身の一人暮らしなので、3.8%と2.4%と低く抑えられています。しかも実家に住んでいるので、家賃がいらなくて安く暮らせています。

余裕資金は11.9%になっていますが、僕の住んでいるのは田舎で村なんですけど、 ここから村のお金とか車の任意保険代を払っています。

食費及び雑費が38.1%で、1人暮らしで外食が多めなので4割近くを占めています。自炊もそこそこするんですが、仕事で疲れて帰宅して自炊はしんどすぎるので、無理はしない程度にしています。

あとは、一人暮らしで寂しいので 猫を飼っているんですが、エサ代やら猫砂代やらで雑費も多くなっています。エサを安物にしてケチると、その分健康を損なって かえって高くつくので、エサはいい物を与えています。大事な家族なんで、ここはケチらないようにしています。

通信費は7.1%になっていて、もうちょっと抑えれるんですが、3大キャリアの通信スピードや通話性能は譲れないので、格安シムにせずにドコモでiPhoneを使ってます。

僕は元々お酒が好きで、家で毎晩晩酌をしていたんですが、外で飲むようにだけして飲み会の回数も減らしました。こういう倹約はしているんですが、こだわる所はこだわらないと感性が失われると思うので、譲れない所に関しては浪費してもいいと思っています。これが使う力であり、ストレスをため過ぎない方法だと思っています。

ボーナス

ボーナスの使用用途

ボーナスは大体このくらいの手取りなんですが、ざっくり30万円は貯金、投資に回しています。あとの7万円は娯楽費に使用します。

全て投資に回した方がいいという意見もあるでしょうが、ある程度使わないとストレスが溜まって病気の原因になってしまうかもしれないので、無理はせずに遊ぶときは遊ぶようにしています。

あとは、娯楽費が余ったら楽天で買い物をしたり、ふるさと納税で少し買物をしたりしています。僕の場合、楽天のポイントが現在5倍なんですけど、楽天とアマゾンを比べて お得な方で買うようにしています。

| まとめ

僕の手取り額と、そこから投資に回している割合を紹介しましたが、月収手取り額21万円でも月に7万3千円回すことができています。ボーナスは、貯金と投資を合わせて30万円回しています。

1年間で計算すると147万6千円を投資と貯金に回せています。田舎で1人暮らしなのもありますが、年収400万円にしては立派だと思っています。

手取り年収にすると312万円なので、貯蓄率は47.3%になります。10代から30代の頃は物欲がすごくて、給料の全てを使っていたんですが、40代になってなんとか金融資産を作る事が出来ています。

貯金が全くなくて 「老後がやばいな」と思い、追い詰められたというのもあると思うんですけど、計算上はなんとか60歳でFIREできると思っています。

給料の割合を見ても、もっと削れる所はあるんですけど、ギリギリまで削って無理をしたら続かないので、無理をしない程度に抑えています。遊ぶときはいっぱい遊んで、倹約もしっかりする、そのバランスが大事だと思っています。

☆ YouTube動画はこちらからどうぞ!



☆ ポートフォリオをVT全力買いに変更の記事は、下記をクリックで見れます!

Amazon