タントカスタムRS試乗 / レンタカーで1ヶ月乗ってみた感想

タントカスタムRSサムネ

2021年3月に信号待ちで追突されて、ミライースの修理が長引いて1ヶ月間タントカスタムRSに乗っていました。

なので、タントカスタムRSを1ヶ月乗った感想を書いていこうと思います。

信号待ちの追突なので、100%相手側の保険会社負担でレンタカーで借りていました。

型式は5BA-LA650Sの2WDのターボ車になります。

1ヶ月間乗った感想としては、ざっくり言うとスマートアシストがしっかりしていて、ターボなのでトルクフルで乗りやすい車でした。



| 最初に乗ってみた印象

最初乗った時は、「ああ、ターボはこんな感じだよな」という印象だったけど、パワースイッチがハンドルの所に付いていて、スイッチを入れるとビックリしました。

すごくトルクフルで、スイッチを入れてない時とは別物の加速です。

「グッ」と踏んだら、して欲しい感じの加速をしてくれるので、街乗りが軽自動車とは思えないくらい楽でした。

ブレーキはターボの加速をしっかりと止めてくれて、よく効くブレーキでした。

座高はミライースが低めなのに対して、タントカスタムRSは高いです。

フロントウインドーはハイトワゴン特有の垂直気味で、前方が見やすく奥行きもあって広く感じます。

軽自動車ギリギリの大きさでしょう!

スタイルはエアロ付きなのでカッコよくて、ホイールも15インチを装着しています。

タントカスタムRS 横から

スマートアシスト機能はミライースの上位版で、車線からはみ出たら自動でハンドルを切って戻って、ヘッドライトも全自動みたいな感じで安全機能が充実していました。

リアドアはスライドドアで、子供のいる家庭にはいいなと思いました。

| タントカスタムRS(5BA-LA650S)のスペック

このスペック表はHPの引用になります。

タントスペック表

赤線を引いている所が僕の乗ったタントカスタムRSなんですが、スペック以上に速く感じました。

僕のミライースと比べても加速は全然違って、馬力はスペック上は15馬力ですがそれ以上に違いを感じます。

トルクは倍近く違って、やっぱりトルクは重要だなと思いました。

2代目の車ならNAでいいと思うけど、1台でいくならターボがいいと思います。

タントは僕のミライースと比べて大きく、中は軽自動車にしては広くて開放感があっていいです。

車重は920キロと思いですが、重さを感じさせない加速をするのでストレスなく乗れます。

| タントカスタムRSの弱点は?

この車はかなりいいんですが、僕が乗ってみた感じの弱点としては、空力が悪い事だと思います。

ハイトワゴンなので仕方がないと言えば仕方がないんですが、高速である程度スピードを出すと空力の悪さが出てきます。

街乗りだと全然問題がなく、めちゃくちゃスムーズで乗りやすいんですが、高速の一定以上からのスピード域では空力の悪さが目立ちます。

あとは特にないんですけど、強いて言えば燃費はそれなりだと思います。

乗り方によって違うんで一概には言えないですが、僕が1ヶ月乗った感じでは15~20くらいでした。

ミライースは20~25くらいだったので、全然違うけどミライースがよすぎなだけですね!

もう1つ強いて言うなら、タイヤの限界が低い事かなと思います。

僕の試乗したタントカスタムRSは、15インチの165サイズなんでエナセーブを履いていたんですが、限界が低くすぐにタイヤが鳴いていました。

でもすぐに破綻して、コントロールが効かなくなるなんてことはないので大丈夫です。

攻めない人だったら全然大丈夫だと思いました。

| まとめ

タントカスタムRSを1ヶ月乗ってみて思ったのは、エクステリアもインテリアも洗練されていて、運転しても楽で非常に乗りやすい車でした。

そしてスマートアシスト等、安全装備もしっかりしていてお年寄りにも優しい車でした。

お値段はオプションなしで200万弱と値が張りますが、買う価値は十分にあると思います。

パワースイッチを入れてアクセルを「グッ」と踏み込めば、かなりの加速をしてくれるので高速でもストレスを感じる事はありません。

走行性能がよく安全装備も充実してるけど、ハイトワゴンらしく空力はイマイチかなと思いました。

燃費は僕の乗っているミライースよりは悪いんですけど、走行性能がいいので仕方ない事だと思います。

トータル的にみるとよくできた車なので、軽自動車1台でいくなら十分選択しに入るなと思いました。


☆ YouTube動画はこちらからどうぞ!



☆ ミライースホイール交換の記事は、下記をクリックで見れます!