ミライースホイール交換 / レアマイスター CS-V6装着

ミライースにCS-V6装着

ミライースを購入して9ヶ月経ってホイールを注文しました。

当初はノーマルのまま乗ろうと思っていたんですが、純正ホイールにスタッドレスタイヤを装着したのでインチアップしてみました。

僕のミライースの型式はLA350のLグレードで純正が13インチで、これを1インチアップの14インチのホイールにして、155/70から155/65になりました。

色々みたんですが、フジタイヤが安くて品ぞろえが豊富なんでフジタイヤで購入しました。

1番欲しいのはCE28なんですが、予算との兼ね合いもあるんで悩んだ末、レアマイスターの新モデルのCS-V6にしました。

| 純正の鉄チンホイールと、CS-V6との重量比較

僕は若いころ S15シルビアでサーキット走行をしていて、その影響か軽量ホイールが好きなんで軽そうなCS-V6にしました。

ネットで調べてもCS-V6の重量が分からなかったので不安だったんですが、購入後に重量を測ってみたらまあまあ軽かったので「ホッ」としました。

CS-V6重量


タイヤはエナセーブにしたんですが、このセットでのCS-V6の重量は10.4キロでした。

純正+スタッドレス


その比較で、純正とスタッドレスとの組み合わせは10.4キロで同じでした。

ホイールキャップを装着しての重量になります。

サマータイヤとスタッドレスタイヤとの比較なんで、一概に同じとは言えないですけど重量増になってなかったんでよかったです。



| レアマイスター CS-V6のデザイン

CS-V6にも何種類かデザインがあって、ラインが入ったのとラインの入ってないのがありました。

僕はラインの入ったのが「カッコいい」なと思ったので、白のラインが入ったCS-V6を選びました。

CS-V6白モデル


タイヤのすぐ内側と、CS-V6のロゴがホワイトになっています。

このモデルと、ラインが赤でロゴも赤のCS-V6と迷いましたが、僕のスカイブルメタリックのミライースには「白が似合うかな」と思いこれにしました。

CS-V6赤モデル


これが赤のラインが入ったモデルですが、正直こっちの方が好みだったけど、僕のミライースとのマッチングで決めました。

はっきり言って装着してみるまで分からないってのもありますが、めちゃくちゃ悩んで白のモデルにしました。

| タイヤはエナセーブEC204を選択

タイヤはエナセーブEC204を選択しました。

購入時の比較対象としては、LE MANS V LM5とEC204だったんですが、これもホイールと同様にめちゃくちゃ悩みました。

値段は大幅に変わるわけではないんで、ルマンにしようかと思ったんですが、純正のエナセーブEC300との違いを見たかったんでエナセーブにしました。

レアマイスター CS-V6

自宅の届いたときの新品状態はこんな感じです。

黒のホイールはなかなか渋いですね!

| ミライースに装着

本当に似合うかどうか、ホイール交換してみるまで分からなかったんですが、ついに装着しました。

ミライースにCS-V6装着


はっきり言って、めちゃくちゃ似合ってます!

赤より白を選んで正解だったと思うくらいカッコよくなりました。

最初のミライース購入時にエアロを装着していたんですが、ホイール交換してエアロを付けていたのが、ここになって生きてきました。

ホイールを変えてカッコよくなったら、車高も落としたくなるんですが、通勤使用なので なんとか我慢したいと思います。

| 購入価格は?

購入価格は送料込みで52250円でした。

さすがにフジタイヤは安いですね!

CS-V6の購入価格


純正のナットは使えないんで、アルミホイール用のブラックナットとブラックのバランスウエイトをオプションで付けました。

オプションを付けなかったら5万円を切ります。

あと、タイヤをアジアンタイヤにしたらもっと安くなるけど、安全面を考えたら絶対にできないのでエナセーブにしました。

安いからアジアンタイヤにしたとしても、燃費に違いがでるだろうし、すぐに元が取れると思います。

52250円でスタイルが「グッ」と引き締まって、重量増にもなっていないんで大変満足です。

| ホイール交換後、乗ってみて

加速

まず加速なんですが、これは速くなりました。

なぜかというと、純正ホイールに履いていたのはスタッドレスだからです。

ウインターマックスの01で設計が古いので、エナセーブEC204にしたことで転がり抵抗が全然違うので速くなりました。

転がり抵抗は、「パワーのない車には重要だな」と改めて思いました。

ブレーキもスタッドレスセットの時よりも効いてくれているので安心です。

触ってみるとコンパウンドは柔らかめで、路面への食いつきはよさそうです。

燃費

燃費は転がり抵抗がいい分、よくなっている感があります。

といっても、正確に測ったわけではないし乗り方も一定ではないですが、車両の表示を見る限り1~2は違うと思います。

新品のタイヤで変摩耗も全くしていない状態だから、何ともいえないんですけどね。

ミライースはパワーがなく、燃費を気にする人が乗ることが多い車なんで エコタイヤ必須だと思っています。

乗り心地

乗り心地は、これもタイヤが新品でスタッドレス仕様との比較なんで何ともいえないですが、純正のスタッドレス仕様に比べていい気がします。

扁平は13インチの70から14インチの65になったんですが、ほぼ影響はないと思っています。

ミライースは元々スタビライザーが入ってなくて、硬めなのでそんなによくないですが、純正ホイールに純正のエナセーブを履いていた時よりはいい気がしてます。

| 車検は?

車検は、「フジタイヤで買ったから安心だ」と思って、絶対に通ると思っていたんですが、ディーラーにグレーゾーンだと言われました。

ちょうどこの時期に事故に遭ってしまって、ディーラーに修理に出したんですが、その時にCS-V6のロゴがわずかに出ていると言われました。

リアは大丈夫なようでフロントだけだったので、フロントだけ純正ホイールに変えて修理に出しました。

正直、「おいおい、フジタイヤさん車検にグレーゾーンなもの販売しないでくれよ」と思いましたが、もう買ってしまっているので後の祭りでした。

みなさんはCS-V6を買うときは、くれぐれも注意してくださいね!

ディーラーの方は完全にいアウトとは言ってなかったけど、グレーゾーンで入庫はできないと言っていました。

| まとめ

トータル的にみたらコスパが高く、いい買い物をしたなと思います。

車検をディーラーに出す方にはおすすめできませんが、僕みたいに自分でフロントのホイールだけ変えてから車検に出すよって方にはおすすめです。

軽自動車で、しかもミライースは車体が軽いんで、ジャッキアップも楽で作業がしやすいです。

車体の色によっては赤のラインが似合うかもしれないし、ラインやロゴの色がいらないのなら、ないのもあるので幅広い選択肢があっていいと思います。

ホイール重量は鍛造1ピースの軽さほどではないにしろ、軽いほうだと思うのでドレスアップ+αにもなります。

僕のミライースは、レアマイスター CS-V6でなかなかカッコよくなりました!

☆ YouTube動画はこちらからどうぞ!



☆ ミライースにETC取り付けの記事は、下記をクリックで見れます