車のボディ全体にサビ発見 [ミライースがサビていました]

ミライース 鉄粉取り後

先日、仕事が休みだったので、洗車をして「ようやく終わった。」と思ってよく見てみると、微妙にサビがあり、チェックすると、ボディ全体がサビていました。

よく近づいてみないと分からないくらいなんだけど、全体がなっていたのでショックでした。

写真じゃ分かりにくいけど、ポツポツとサビているのが分かると思います。

これがボディ全体になっていました。

| 鉄粉が原因


おそらく鉄粉が付いて、それが雨でサビたんだと思います。

梅雨時期は洗車してないんで、なりやすいのかなと思います。

まずは鉄粉取り粘土を買おうと思い、ストレートさんに行ってきました。

工具販売のストレートさんの姫路店で買いました。

僕は、車でそんなにかからないので、ネットではなく直接行ってきました。

店内に入り探したけど見つからず、スタッフさんに聞くと丁寧に使い方まで教えてくれました。



この2つを購入しました。

粘土だけにしようと思ったけど、鉄粉を取った後、キレイに仕上げようという事で、コンパウンドを買ってみました。

こういうアイテムを買った時は洗車が楽しくなってきますね!

生活コスト全般を見直せるから、ライフステージを変えられる【アレコ】



| 鉄粉取り

まずは普通にカーシャンプーで車を洗います。

洗い終わったら、水をかけながら粘土を滑らしていきます。

使ってみると、ビックリするくらい鉄粉が付いていました。

鉄粉が付いた面は、内側に練りこんで使っていきます。

半分にちぎって使っていたけど、鉄粉でいっぱいになって、もう半分を使っても鉄粉でいっぱいになったんで作業終了です。

1個使い終わっても、全部鉄粉は取り切れなかったけど、大分キレイになりました。

やっぱり車庫に入れていなくて、通勤に使っている車は鉄粉の付き方が半端ないです。

| 仕上げにコンパウンド

鉄粉取りが終わって、仕上げにコンパウンドを使いました。

鉄粉取りでキレイになってなかった所が、若干キレイになったけど、あんまり意味がなかったです。

このコンパウンドよりも、もう1段階細かいのがあるんで、さらに仕上げでそっちを使えば、さらなるピカピカ具合になったと思います。

それでも、やったかいがあって、かなりキレイになりました。

最後に、キレイになったボディを保護しないといけないので、シュアラスターのゼロウォーターでコーティングして完了です。

コンパウンドで、完全にコーティングがとれてしまったので、2度塗りしておきました。

仕上がりはこんな感じです。

| まとめ

基本、鉄粉取りでキレイになると思います。

僕みたいに青空駐車で、通勤後も大通り横の駐車場に止めていると、鉄粉まみれになるので、キレイにしておきたいなら、3か月おきとかに定期的にする必要があります。

鉄粉取り粘土だけでも十分だけど、さらにツヤツヤにしたいなら、コンパウンドの使用が必要です。

僕の使用したコンパウンドの、もう1段階細かいのと、もう1段階荒いのを挟んで、3ステップにすれば完璧でしょう!

でも塗装は薄くなるので、要注意です。

粘土は今回僕が使用したのでも、シュアラスターのでも、信用できるメーカーのであれば問題ないでしょう!

コンパウンドは今回僕が使用した、3Mがオススメです。

これは僕が車を買った、ディーラーでも使用しており、業務用になります。

信用できる商品ですが、上でも書いた通り、使うほど塗装は薄くなるんで注意が必要です。

実際にサビを経験してみて、キレイにしておきたいなら、「鉄粉取りは重要だな」とつくづく実感しました。

☆ YouTube動画はこちらからどうぞ!



☆ カストロールエッジのパッケージングが新しくなった記事は、 下記をクリックで見れます!