39歳独身男が、はじめて猫を飼いました [ノルウェージャンフォレストキャット]

最初の頃の猫

どうしても猫が飼いたくて、ノルウェージャンフォレストキャットを飼いはじめたのが2019.6.9からで、現在にいたります。

飼いはじめた経緯はペットショップに見に行って、生後4か月半のノルウェージャンフォレストキャットの子を見て、「この子しかいない」と思い、迷いに迷った末に飼いはじめました。

その3か月くらい前から欲しい欲求が強すぎて、毎日ネットで猫種や、その性格などを調べる日々でした!

そして欲しいと思ったのが、長毛種のメインクーン、ノルウェージャンフォレストキャット、ペルシャあたりの長毛種がいいなと思いました。

でも僕は慎重な性格なんで、飼う前に毎日頭の中でシュミレートしていて、絶対大変だろなと思いあと1歩が踏みだせずにいました。

| ノルウェージャンフォレストキャットに決める

悩みに悩んで、ノルウェージャンフォレストキャットに決めました。

僕は昔からペルシャが好きだったので、ペルシャを取り扱っているペットショップに問い合わせたりしました。

でも、どうせなら一緒に遊びたいし遊ぶのが好きな子がいいなと思って、ノルウェージャンフォレストキャットかメインクーンにしようと思いました。

そして全国でも店舗数がたくさんあって、お取り寄せもできるワンラブに見に行くことにしました。

ワンラブはネットでその時にいるペットを見れるんですが、ちょうどノルウェージャンフォレストキャットがいたので、見に行くことにしました。

2019.6.8にちょっと緊張気味で見に行ったけど、「やっぱり大変だろうから無理だ」と思って帰ってしまいました。

なぜかというと通常ペットショップはケージに入れているんですが、見に行ったワンラブではケージじゃなくショーケースのようなちょっと広めの所に入っていました。

そして、いきなり思いっきりジャンプしたりの大暴れで、「これはヤンチャすぎるぞ」と思ったからです。

そのワンラブにいたノルウェージャンフォレストキャットの子は、すごくかわいくて僕の好みだったんですが、意表をつくヤンチャさにビックリしてしましました。

| 家に帰ってから、また猫を飼うか迷う

家に帰った後にめちゃくちゃ迷った末、次の日に意を決して買いに行きました。

「いま、飼わなきゃ絶対後悔する」と思ったからです。

ショップに行って生後4ヵ月半の女の子を抱っこさせてもらい、スタッフにノルウェージャンフォレストキャットのことや、その子の性格の説明を受けて飼う決心をしました。

「この子の面倒を一生みる」と決心してスタッフに飼う意図を伝え、その日に連れて帰りました。

はじめて猫を飼うんですが、実際に飼ってみると思ってた以上に大変でした。

ペットショップからの購入なんで、トイレの躾はされていたのでよかったんだけど、いきなり襲い掛かってきたり触ろうとすると「シャー」ってな感じです。

何回も噛まれたり、引っ掻かれたり、かなりヤンチャな子猫でした!

それから1年くらいで、大分まるくなってくれました。

ちゃんとお世話をして飼い主と認めてもらえたのか、ご飯が欲しい時や寂しくてかまってほしい時、ウンチをして処理してほしい時などは鳴いて教えてくれます。

そして、たまに膝の上に乗ってきたりスリスリしてきて甘えてくれます。

| ノルウェージャンフォレストキャットを飼ってみて

現在、1才7ヵ月でまだまだオモチャでよく遊んでくれる遊び好きです。

お気に入りのおもちゃはカシャカシャぶんぶんです。

これじゃないとダメなくらいです。

ノルウェージャンフォレストキャットという猫種は遊び好きなので、猫と遊びたい飼い主さんにおすすめです。

下の画像が今現在のウチの子で、体重は5.2キロです。

シェリー


ノルウェージャンフォレストキャットらしく、大分フサフサになりました。

特に胸元あたりは長毛種らしく、とってもキュートな感じになりました。

このへんが長毛種を飼う醍醐味です。

最初の頃の猫


上の画像が飼い初めで、体重2.0キロの時です。

中型種らしく立派に大きく成長してくれました。

生後9か月の頃に避妊手術を終え、食欲旺盛でよく食べ、よく寝て、よく遊んでくれます。

僕は病気やケガをしたときの為に、ペット保険に入っています。

この1年で血便がでたり、角膜炎になったりして病院に行きましたが、元気に育ってくれています。

可愛くて、ツンデレで、遊び好きな、ノルウェージャンフォレストキャットの子を飼ってよかったです。

その後

現在2021.5.4で飼い始めてから1年11か月ですが、うちの子は元気に育っています。

体重は5.2キロから現在4.3キロになって健康になりました。

5.2キロの時に獣医さんに聞いたら、「もう少しやせた方がいいかも」と言っていたので、このくらいでちょうどいいかもしれません。

エサは色々試して、今はプレミアムキャットフードを数種類ローテーションしています。

そして、年1回のワクチン接種の時に診てもらったんですが健康でした。

ペット保険は入院時の費用が特にかかり、通院時はなんとかなるので 入院時に90%の金額が返ってくるペット保険にしました。

☆ 猫を飼うメリット、デメリットの記事は、下記をクリックで見れます!

error: Content is protected !!